遠藤 雅夫 Masao ENDO

東京藝術大学大学院修了。日本音楽コンクール管弦楽部門入選。音楽之友社作曲賞受賞。文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。91年<国際現代音楽祭ISCM・チューリッヒ>参加、97年ニューヨーク州ハミルトン大学でレクチャーコンサートを行う。01年「アジア音楽祭メルボルン」参加。02年ルーマニアのトゥルグムレシュ市で開催の「日本ルーマニア国交100周年記念音楽祭」にヴァイオリン協奏曲「豊饒の渦」が招待される。06年2月、ミュージックフロムジャパンから委嘱を得てアメリカ公演に参加。 07年3月韓国<21世紀学会> 主催国際現代音楽コンクールに審査員として招かれるなど、内外で活躍している。 現在、 日本・ロシア音楽家協会運営委員長、(一社)日本作曲家協議会副会長。


最近5年間の作品

2011 <ヴィオラのために>

   <キュグナス>マリンバのための4つの小品

   <フリーズV>室内管弦楽のための

2012 <ピアノトリオ>

   <水の島の歌>フルートオーケストラのための

2013 <フリージング・ヴォカリーズ>ヴァイオリンとピアノのために

   <デュオスクロールII>ギターとハープのための

   <線の転写>ヴァイオリンとピアノのための

2014 <カスタネットのために>カスタネット,ヴァイオリン,ピアノによる

   <凍てつく星明りの夜>ピアノのために

   <クラリネットとヴィオラのために>

   <2台のチェロのために>

   <民謡風即興曲>

   <プレリュードとアリア>テノールサキソフォンのために

2015 <クラリネットと、ヴィオラ、ホルンのために>、ロシアの詩による4つの歌

   <三本の尺八のために>

   <フルートとクラリネットのために>

2016 <ヴィブラフォンのために>

   <枕詞と、あいの詠>尺八と三絃のために

   <クリスタライズ>4手のために