渡部 真理子 Mariko Watanabe

宮城県仙台市出身。仙台白百合学園高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。2013年「奏楽堂モーニング・コンサート」、2017年「創造の杜〜藝大現代音楽の夕べ」において、オーケストラ作品が藝大フィルハーモニア管弦楽団により初演。学内にて長谷川良夫賞、卒業時にアカンサス音楽賞、修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。作曲を喜久邦博、八島秀、小島佳男、北村昭、山本純ノ介、安良岡章夫の各氏に、ピアノを澁谷由起、安田里沙、手塚真人の各氏に師事。

現在、桐朋学園大学音楽学部、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室非常勤講師。

作曲家・作品・演奏家・聴衆・演奏空間の結び目となる演奏会企画《NODUS》メンバー。


〈作品リスト〉

2015 ーCraquelureー (Cl,Sax,Perc,Vla,Vc,Pf)

      Topaz (箏,Fl)

2016 F-Zeugma (2Vla,2Vc,Perc,Hp)

    ーdoudouーⅢ (Fl,Vc)

2017 あるいは赤と青で...管弦楽のための

         ーAntaresー (龍笛,尺八,箏)

2019 Choreography 〜5人のチェロ奏者のための〜

         Divertissement (Ob,Pf)

         まほし (アンサンブル室町委嘱作品)


(photo by Ayane Shindo)